« かゆくなっちゃうんですよね~ | メイン | スワップ金利の嬉しいところは »

1ドルあたりの往復手数料

昔のゲームっていいもんですね。
なにがってファミコンですよ。
久し振りにやったけど、今のゲームみたいに
複雑な操作もないし、単純で良い。

内の子供はこんなの面白くないって言ってましたけど、
僕にとっては懐かしさでいっぱいですよ。
久し振りに3時間もゲームしてしまいました。

・・・まあそんな事は置いておいて、
今日のお題を始めます。
実際、株式投資でデイトレードが流行ったときも、
一番最初にカベとして感じたのは、この手数料でした。
株の売買を繰り返していて少しずつ利益を取っていても、
手数料のほうが上回っていたときも少なくありません。

では、実際にFXの手数料はどんなものなのか?という
ことになりますが・・・

ここでいう手数料とは円と外貨の両替手数料のことですが、
例えば円をドルにすると、1ドルあたりの往復手数料は外貨預金で2円、
外貨MMFで1円に対し、FXでは無料~20銭と非常に低額です。

つまり100万円動かしたとしても、手数料は2千円で済む。
10万円の取引であれば200円で済む。。。

About

2009年02月19日 14:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「かゆくなっちゃうんですよね~」です。

次の投稿は「スワップ金利の嬉しいところは」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type